アリタポーセリンラボの伝統柄をエレガントにアレンジ!Made in France by Beauvillé テーブルクロス誕生ストーリー

有名ブランドのマーケティング業務に携わりながら、私はブランドコラボレーションが成し得る効果に気づいていましたが、実施するのが難しかったのは社員として働いている以上、その会社のために働くのが精一杯でよそ様の分まで仕事する余裕がなかったからです。しかし消費者目線で考えてみれば高額なブランド品こそライフスタイル提案が重要で、日本のデパート売り場は正にブランドコラボのオンパレードなわけですが、そこで培ったノウハウを私の勝負の舞台、メゾン・エ・オブジェで実践してみようと思いました。伝統的な和食器のイメージを払拭して世界に通用するモダンラグジュアリーをアピールしたい有田焼ブランドと、マンネリ化に悩むフランスの高級テーブルクロスメーカー。この両社の社長がメゾン・エ・オブジェ会場で出会い、互いに惹きつけられたのは必然と言えるでしょう。両社は会社規模も似ており、職人による手作業を重んじ、伝統を大切に守りながら新しい未来を切り開く努力を惜しみません。上質な色味と質感を誇るアリタポーセリンラボのJAPANシリーズにボーヴィレの伝統的なフランス絵柄のテーブルクロスが妙にあうから、と松本社長をボーヴィレのスタンドへ案内したところ、松本社長がボーヴィレのボラン社長に「うちの食器にあうテーブルクロスを作って欲しい」と持ちかけたのです!成功するコラボ商品開発の秘訣は互いのブランド力を引き立てあって相乗効果を生むこと。アリタポーセリンラボの伝統柄をモダンにアレンジした Made in France by Beauvillé テーブルクロスの誕生に携われて光栄でした。

まずはベースとなる絵柄選びから。松本社長よりアリタポーセリンラボの伝統柄の一つ「木甲桐紋」をお題にいただきました。
b0315727_01521704.jpg

これを元にボーヴィレ社のデザイナーが提案してきたのがこれです!

b0315727_02595410.jpeg

これぞコラボレーションの醍醐味ですよね!テーブルクロスよりは陶磁器の絵柄に見慣れた私は、テーブルクロスのデザイナーが持つクリエイティブ力に感服しました。コンピューターを使って全体のレイアウトを決めたら、元となった花瓶の絵柄の手描き感をテーブルクロスでも再現するために手で一つ一つ描き直していくのです。
b0315727_02034680.jpg
コラボレーションの証を最後に刻んで完成です!
b0315727_02042287.jpg
鳳凰、竹、梅、桜、菊、七宝の吉祥文様を散りばめた伝統絵柄なのにどこか西欧風ですよね

b0315727_02111845.jpg
まずは2017年9月のメゾン・エ・オブジェでボーヴィレのお客様にお披露目しました。

b0315727_02142745.jpg
ボーヴィレ社の新しい取り組みに多くのバイヤーから賞賛の声が寄せられ、斬新な絵柄が話題に。
b0315727_02241935.jpg
世界に認められたアリタポーセリンラボ柄ボーヴィレ製テーブルクロスがいよいよ日本上陸!

b0315727_02195410.jpg
デパート売り場のクリスマス〜正月商戦を盛り上げられたようで何よりです。

b0315727_02340209.jpg
そして迎えた年の瀬。アリタポーセリンラボとボーヴィレが出会って素敵なコラボ商品が生まれた2017年が静かに過ぎて行きます... 皆様、どうか良いお年をお迎えください。2018年が皆様にとって、そしてアリタポーセリンラボとボーヴィレにとってさらなる飛躍の年となりますように!


[PR]
by omotenashicuisine | 2017-12-31 23:50 | アリタポーセリンラボ in フランス