プロフィール

ニックネームおもてなしキュイジーヌ市川
自己紹介 フランスに通算15年滞在、オーストラリアへ1年留学し、フランスラグジュアリーブランド(ゲラン、カルティエ等)やシャンパーニュPH、世界屈指のキッチン用品ブランド(ストウブ、ツヴィリング等)の商品開発や販売戦略、宣伝企画広報やWEB展開など、マーケティング業務全般に15年間携わる。
 2013年「和食会議」が掲げる日本食文化の保護・継承運動に賛同し、WASHOKUの魅力と食にまつわる日本のものづくりを世界へ発信&拡販するため Omoténashi Cuisine おもてなしキュイジーヌ(フランス語で「おもてなし料理」の意)www.omotenashicuisine.com を開設。
 2014年「経済産業省JAPANブランドプロデュース支援事業」に採択され、MORE THAN PROJECT プロデューサーとして創業210年「弥左エ門窯」のモダンブランドARITA PORCELAIN LABの海外市場進出を計画実施。有田焼創業400年事業として佐賀県が出展した欧州最大級のインテリア・デザイン国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」を4年連続でパリのメゾンワを拠点に営業支援。2018年も引き続きARITA PORCELAIN LAB 欧州担当として現地サポートを続ける。

2015年フランスの老舗香水ブランド ゲランへ提案した有田焼400年記念企画「アリタポーセリンラボ製ミツコ有田焼ボトル」が2016年、日本とフランスで盛況のうちに完売。ゲラン旗艦店シャンゼリゼブティックで開催された GUERLAIN X ARITA 展覧会は 45,500人の来場者数を記録し、フランス有力メディア 30件の露出を獲得。2017年にはゲラン本社からの依頼により第2弾となる「フォール フラワーズ」を世界発売。アリタポーセリンラボのブランド知名度を着実に上げながら、欧米市場における売上アップのため、9月のメゾン・エ・オブジェでフランスの名門テーブルクロス「ボーヴィレ」とのコラボ展示により欧米のライフスタイルに溶け込む有田焼を世界にアピール。
お住まい東京都
職業自営業
趣味・興味料理
好きな場所キッチン